知っておいて損は無いお話です

皆さん腕時計のケアはどうしていますか。
定期的にメンテナンスを出してそのままなんて方も多くいらっしゃるかと思いますが、実は日頃のケアの仕方も重要だということをご存知でしたでしょうか。
知らないという方のためにちょっとした豆知識としてお話しいたします。
先ずは、一番重要なことは常に清潔にしておくということを心がけるということです。
『なんだ、そんなの当たり前じゃん。
』なんて思う方のために、ではどのように清潔にしておけばよいのかということですが、汗や水分で汚れたときに柔らかい布で拭いてあげるのはもちろんのこと、保管をしておくときの温度などにも精度に差が出てくるのです。
大方の腕時計は気温で言うと5度〜35度の時に腕に装着した時に安定した働きをするということはご存知でしたでしょうか。
なので、極端に寒いところであるとか、ふとした拍子に何気なく暖房の上においてしまったというような事を避けるだけでも腕時計に違いが出てくることがあるのです。

続きを読む

腕時計のメンテナンス

r33-02

時間を確認するだけでなく、ファッションの一部である腕時計には、メンテナンスを行うことで長く愛用できます。
高級ブランドのものであれば、自分の子供の世代にも受け継ぐことができるほどですよね。
そのためには、日頃のお手入れと、メーカーへ定期的にメンテナンスを依頼することが望ましいです。
バンド部分が金属の場合、汗などで汚れてしまい、黒ずんでしまうことがあります。
また、それによってかぶれてしまうこともあるので、できるだけ汗をかいたら、腕と腕時計を柔らかめの布で拭き取って綺麗にして保管しましょう。
また、柔らかめの布を使うと、傷がつきにくいので良いです。
そして、保管する場所は、5〜35℃くらいの気温の場所で保管しましょう。
そうしないと、時間が狂ってきてしまう恐れがあるので気をつけて下さい。
高級ブランドなどは特に、定期的なメンテナンスをしてもらいましょう。
メーカーに頼めば実施して頂けます。
電池交換の時に同時にお願いすると良いかもしれませんね。

続きを読む

いつまでも素敵な腕時計を

最近は携帯電話が必需品のようになってきているので、腕時計をしている人は、昔と比べるとあまり見かけなくなってきましたが、それでも、ブラウスの間からちょっと見えたりすると素敵ですよね。
せっかくお気に入りの腕時計を買うんですから、長持ちをさせたいところです。
日ごろから出来る簡単なお手入れ方法はどんなものがあるのでしょうか。
まずは、腕に常にくっついているバンドの部分です。
ここは夏などの汗をかきやすい時期は、すぐに汗が付着してしまいますし、冬などでも常に肌に触れている部分なので、どうしても汚れやすいかと思います。
毎日使っていると、余計に汚れやすくなってしまいますね。
そんなときは、はずしたあとに、バンドの部分を布などでちょっと拭いてあげるだけでもだいぶ変わってきます。
金属の場合はサビやすくなりますし、皮の場合は寿命が縮んでしまうので、毎日のちょっとしたお手入れだけでもだいぶ寿命が延びるかと思います。
また、ケースなども汗がつきやすいところは小まめに拭いてあげるようにしましょう。

続きを読む

長く使い続けるために

皆さんは日ごろ腕時計を愛用しいてるでしょうか?社会人なら愛用している人が多いでしょう。
最近は携帯電話などで時間を確認する人も多いですが、やはり1本は持っていたいです。
腕時計はメンテナンスをしっかりと行えば、長く愛用できる優れものです。
特に機械式の時計は定期的に行うことが大切でしょう。
時計屋さんや修理店などで見てもらってください。
また普段自分で簡単に手入れをすることも大切だと思います。
普段から自分で手入れをしていれば壊れる可能性も低くなりますし、メンテナンスをお願いした時も費用を抑えられるでしょう。
毎日使えば汚れもつきます。
汚れを落とし、いつまでも輝き続ける時計を保ってください。
汚れを落とす時によく使われるのが、歯ブラシです。
ここで注意して欲しいのが、柔らかい毛の歯ブラシを使うということです。
硬い毛先の歯ブラシを使うと、時計に傷がつくかもしれません。
やさしく隙間なども入念に掃除していきましょう。

続きを読む

腕時計を美しく保つメンテナンスの豆知識について

腕時計というのは肌に直接着けることになりますから、どうしても文字盤の裏の部分に皮脂や汗が付着してしまいます。
あまり気づかないことですが、これがけっこう腕時計を劣化させたり、時には故障の原因にもなるのだそうです。
先日時計店に行ってベルトを交換した際、専用のクロスを買わないか、と勧められました。
文字盤の裏側の肌に当たった部分をこまめに拭き、さらにはベルトもしっかりと拭いておくことで耐久性が上がり、腕時計そのものは故障する確率がさがり、ベルトは長持ちするということでした。
確かに意識してメンテナンスをやった覚えもありませんでしたから、そんなことが起こるのか、と豆知識を得た気分になりましたが、一枚半額で420円もするクロスを買うのはもったいなく感じられ、購入は見送りました。
それでもせっかく時計店の店員が教えてくれた豆知識なので、これからは活用していきたいと思っています。
外出先から帰ると外すようにしているので、外したついでに柔らかいタオルでふくことにしています。

続きを読む