腕時計のお手入れは自分でも可能です。

ずっと長らく付けていると、腕時計のベルトの部分や金属の部分が、だんだん汚れてきてしまうと思いますが、自分で簡単にお手入れをすれば、軽い傷みや汚れをキレイにすることができますので、是非やってみましょう。
例えばベルトの部分なのですが、こちらはどのようなタイプのベルトの素材なのかによって変わります。
本革や合皮、またはプラスチックなどのナイロン製など、オシャレな商品はたくさんありますので、素材に合った磨き方をした方が良いです。
ナイロン製になりますと、常温の水分を含ませた布やガーゼなどを使って、全体的に優しく汚れを拭き取るようにしています。
合皮や本革のベルトの腕時計の場合には、専用のクリームを使ってキレイに磨きあげたりしています。
肝心な時計の部分は、アクセサリーやメガネを拭く専用の布を使ってキレイに磨くようにしています。
毎日ではないのですが、なるべく定期的にお手入れをしていますので、お気に入りの腕時計は長持ちしていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です