腕時計の扱い方

いつまでもお気に入りの腕時計を使用するためには、普段からのお手入れや、あとはちょっとしたことに気をつけておくだけで、だいぶ寿命が延びてくるんですね。
例えば、ほこりまみれの部屋や砂埃のひどいような部屋には置かないほうが良いでしょう。
ほこりや砂の細かい微粒子が時計の中に入り込んでしまっては大変です。
また、危険な薬品の近くに置くと、その液がはねる可能性のありますし、スプレーなどのそばにも置かないほうがよいでしょう。
場合によっては壊れてしまうかもしれません。
最近では防水機能が付いている時計が多いですね。
しかし、防水機能付きだからと言って、故意に水の中に落とすようなことは避けましょう。
また、濡れてしまったあとは、布などでしっかりと拭いてあげてください。
特に水以外のもので濡れてしまった場合などは、その後のお手入れの仕方でだいぶ寿命が変わってきます。
また、汗をかきやすい体質の場合は、合成皮革バンドなどにしておくと、汗に強いタイプですので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です