腕時計のお手入れ方法を知ろう

腕時計はいつでも手軽に時刻を確かめられるとても便利な存在です。
時計は時刻を確かめるのにとても役立ってくれる存在ですが、それだけではなくファッションアイテムとしても欠かすことのできないものとなっています。
携帯電話などでも時刻は確かめることができますが、時計には様々なデザインがありますし、ファッションによって使い分けてみるのもおすすめです。
時計にも様々なものがあり、安値でおしゃれな時計を選んで楽しむのも良いですが、思い切って高級品を購入して長く愛用していくのもまた良いものです。
そして大事な時計を長く愛用していくためにもお手入れは欠かさず丁寧に行っておきたいものです。
バンドは比較バンドのものも人気となっていますが、劣化しやすいものですから、定期的に交換すればきれいな状態を保っていくことができます。
そしてメタルバンドのものも結構汗や皮脂で汚れていますので、柔らかい布で拭いたり、洗うなどしてきれいにしておきたいものです。

続きを読む

腕時計を美しく保つメンテナンスの豆知識について

腕時計というのは肌に直接着けることになりますから、どうしても文字盤の裏の部分に皮脂や汗が付着してしまいます。
あまり気づかないことですが、これがけっこう腕時計を劣化させたり、時には故障の原因にもなるのだそうです。
先日時計店に行ってベルトを交換した際、専用のクロスを買わないか、と勧められました。
文字盤の裏側の肌に当たった部分をこまめに拭き、さらにはベルトもしっかりと拭いておくことで耐久性が上がり、腕時計そのものは故障する確率がさがり、ベルトは長持ちするということでした。
確かに意識してメンテナンスをやった覚えもありませんでしたから、そんなことが起こるのか、と豆知識を得た気分になりましたが、一枚半額で420円もするクロスを買うのはもったいなく感じられ、購入は見送りました。
それでもせっかく時計店の店員が教えてくれた豆知識なので、これからは活用していきたいと思っています。
外出先から帰ると外すようにしているので、外したついでに柔らかいタオルでふくことにしています。

続きを読む

腕時計は長く使いたいものです。

皆様は腕時計をお持ちでしょうか?腕時計には様々なものがあって、たいがいの場合は高級品が多いでしょう。
ですから、少しでも長持ちさせたいというのは当然の気持ちといえるでしょう。
そこで今回はそのメンテナンスとその豆知識をいくつか紹介していこうとおもいます。
まず劣化させる条件としては、汗や水分を放置しておくとさびてしまうことがあります。
ですから、時計をはずした後は乾いた布でやさしく拭きましょう。
それによって寿命がかなり変わります。
また、いかに正常な時計といえども、オーバーオールという健康診断は重要で、数年に1回はすることが大切です。
それによって、問題点が出そうなときにそれを予防できますし、問題点を検出できるからです。
また保管も重要で、振動が少なくて、常温のところがいいわけですが、やはり少しでも丁寧に使っていくことが、あなたの時計の寿命を延ばしていくことでしょう。
皆さんもしっかりとメンテナンスしていきましょう。

続きを読む