腕時計ブランド、オメガについて

腕時計ブランド、オメガは国内では高級志向の時計として古くから知られています。
設立は1848年で、スイスビエンヌに本拠を置いています。
現在はスウォッチグループの中核をなしています。
同社の代表的なモデルといえば、シーマスターとスピードマスターでしょう。
シーマスターは防水時計のブランド、マリーナから発展したモデルです。
映画007シリーズの「ゴールデン・アイ」「慰めの報酬」でダイバーズウォッチとしてジェームズボンドが着用、同社のブランドイメージに少なからず貢献しました。
スピードマスターはクロノグラフとしては機構が非常にシンプルなことで知られています。
シーマスターとスピードマスター、両社に共通するのは堅牢さです。
他のモデルとしては、デ・ビル、コンステレーションが挙げられます。
価格帯は10万円台~数千万円です。
オメガに対する個人的な印象としては、好景気の80年代やバブル華やかなりし頃、猫も杓子も金ピカのロレックスで左手を輝かせていた頃、「ロレックスとは違う方向で」といった意識でオメガを着用していた人が一部にいて、ロレックスに対するカウンターブランドとしてコンサバティブに決める、といった位置付けがあったように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です