宇宙使用に耐えうる腕時計

オメガと言えば、NASAに採用された腕時計、スピードマスターですね。
NASAが宇宙環境での使用に耐えうる腕時計を探して、最後に残った製品です。
非常に頑丈に出来ていて、落下や圧力、温度変化の耐久性等の厳しいテストに合格しているのです。
そして、防風はプラスチック製を採用し、たとえ無重力空間で破損しても、気管支にガラスが刺さる心配がありません。
宇宙向きの製品ですね。
もちろんスイス製だけに、正確な時間を刻みます。
その実力を発揮したのが、アポロ13号の爆発事故での帰還時です。
月に向かい途中、酸素タンクが爆発し、月への着陸はおろか、地球への帰還すら絶望的になったのです。
地球に帰還するために、軌道変更のロケット噴射を手動で行わなければなりません。
そして、その噴射時間も手動です。
噴射時間が誤ればあらぬ方向に船は向かいます。
生死を分ける噴射時間です。
その噴射時間の測定を行ったのが、スピードマスターなのです。
そして、搭乗員3人とも無事に地球に帰還しました。
オメガの時計は、中には新車を購入できるほどの販売価格のものもあります。
ですが、ただの高級品というだけではなく、高い実力の持ち主なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です