腕時計を長持ちさせるには

01_l

街でみかけた素敵な腕時計。
せっかく買ったものですから、いつまでも長持ちしてほしいですね。
気に入って買ったものなら尚のこと。
まず、腕時計のお手入れ方法としては、汚れる前に防いだり、壊れないように防ぐことが大事です。
保管場所についてですが、極端に寒いところや暑いところに置くのは避けましょう。
寒いところでは、-10℃以下などでしょうか。
真冬の氷点下になるような気温のところへはもって行かないほうが無難ですね。
また、冷凍庫などを開けるときもなるべく腕から外しておいたほうが良いかもしれませんね。
冷気が当たってしまう可能性がありますし、雫が時計に付く可能性もあります。
もし雫がついてしまったときは、すぐに布などで拭き取るようにしましょう。
また、暑いところに関しては60℃くらいになるのでしょうか。
これはさすがに真夏の炎天下でもここまで上がりませんが、注意してほしいのが真夏の車の中です。
車の中はエンジンを切ってそのままにしておくと50℃くらい平気で上がってしまうんですよね。
つまり、車から離れるときは時計も一緒に持っていきましょう。
また、電池の近くや携帯電話の近くにもなるべく置かないほうが良いかもしれませんね。
磁気の影響で、正確な時間がわからなくなってしまうかもしれません。
普段のちょっとしたところを気遣ったり、また汚れたらすぐに対処するようにするだけで、お手入れもだいぶ楽になります。
むしろいらないくらいかもしれませんね。
しかし、どうしても長年使っていると汚れてきてしまうものですよね。
どんな時計かにもよりますが、取扱説明書のところに、お手入れ方法などが書いてある場合が多いので、それを参考にすると良いでしょう。
また、専用のクリーナーを買って使うだけでもだいぶ長持ちしてきます。

続きを読む

ちょっとしたメンテナンスで腕時計は長持ちします

お気に入りの腕時計を長く使いたい、と考えるなら、メンテナンスは欠かせません。
高級なブランドの時計ほど、機能が充実していたり、意匠が凝っているものが多いので、異変を感じた場合は、素人が余計な手を出すよりも、プロにきちんと診てもらった方が良いですが、普段使いの腕時計などであれば、こまめに自分でメンテナンスして、キレイな状態をキープしたいものです。
日頃の手入れで、結構長持ちしてくれるようになるので、皆さんもどうぞ行ってみてはいかがでしょうか。
ごく簡単なところでは、時計をはずした後に、汗や汚れを柔らかい布でふき取る、というメンテナンス方法があります。
メンテというよりも、ちょっとした気遣いみたいな感じですが、たったこれだけでも、黒ずみやサビの予防には随分と役立ってくれますから、今までやったことが無い人や、忘れがちの人も毎回腕時計を使った後は、面倒臭がらずやって下さい。
他にも、工具を使ったメンテなどもありますが、裏蓋を開けると大概の場合、保証の対象外となりますので、その点はご注意頂きたいと思います。

続きを読む

腕時計のメンテナンスは定期的にしましょう。

自分で自分へのご褒美に、お気に入りの物を買ったり、大切な人からのプレゼントでいただいたりなど、ほとんどの方が腕時計というアクセサリーに対しての思い出や経験があるかもしれません。
大切に付けているからこそ、ベルトの部分に味が出てくるものですし、毎日はめているからこそ、ないと寂しい存在になるものだと思います。
ただ、毎日使っていても、時間のズレが出てきてしまったり、ベルトの部分がゆるくなってしまったり、きちんと品質を保つためにも、定期的にメンテナンスを
することをオススメします。
気付いたら、いつの間にか時間が二三分ずれていたという経験がある方は多いと思います。
使っていたら仕方がないことなのですが、時間を確認するためには腕時計は必需品ですから、なるべく気にしてみた方が良いでしょう。
地域の小さな時計店に持参していけば、安くで直してくれる親切なところもありますし、買ったばかりの腕時計であれば、保証も効きますので、きちんとメンテナンスをしてもらいましょう。

続きを読む

ちょっとした気遣いで

腕時計をはずして、そのままぽんと雑に置いていませんか?ちょっと気を使って扱うだけで、時計の寿命は延びます。
よい時計なら尚更気を使って、いつまでもその時計を楽しめるようにしましょう。
定期的に自分でメンテナンスをするだけで、かなり寿命は変わってくるようです。
ちょっとした豆知識を紹介するので、実践してみてください。
まず大切なのは、汚れを落としておくということです。
当然ですが汚れていると、何だか魅力も半減してしまいます。
タオルで汚れをふき取るだけでも、実は時計の寿命を延ばしているのです。
また最近は防水性の腕時計も多く登場していますが、いくら防水性だからといって直接水をかけて洗うのはやめましょう。
壊れる恐れがあります。
特に夏場などは汗をかくので汚れやすいです。
なのでいつもよりゆるめに時計をつけておくと、肌に接触せずに汚れにくくなります。
そして汗をかいたと思ったらすぐに時計をふいておく、これだけでだいぶ違ってくるでしょう。

続きを読む

メンテナンスは愛情の証です

もしかすると勘違いされている方もいると思うのですが、腕時計のメンテナンスは自分がお気に入りのものであれば何も高級品に限らずに行ったほうがいいということです。
せっかく自分が気に入ったものは長く使えれば使えるほどいいですよね。
もしかしたら『メンテナンスに出してしまったら無駄なお金がかかっちゃうじゃん』などとおもっているかたもいるでしょうが、果たしてそうでしょうか。
と言うのも、部品の交換や電池の入れ替え等そういったことが原因で腕時計の調子が悪くなってしまったということであれば、確かに費用がかかってしまうかもしれません。
ただ、調子が悪くなる理由というのはそれだけではないんですよね。
小さなホコリなどが運悪く入ってしまい調子が悪いなどの場合、簡単な掃除のみでまたきちんと動く場合もあり、そういった場合には全く料金が掛からないなんてこともよくあることです。
それと、部品等の交換の場合もしかすると自分の思っている場合よりも費用が安く済むなんてことも持っていくとあるかもしれませんよ。

続きを読む