懐中時計を修理するということ


アンティークなデザインと、手に感じるずっしりとした重さが魅力の懐中時計は、時代を超えた魅力を感じさせるものです。
そんな懐中時計は、いつまでも大事に使いたいと愛着が湧く物ですので、壊れてしまった時は修理をしようと考える方が多いかと思います。
ただし、懐中時計の修理はむずかしい面が多々あり、きちんと対応してくれる修理先を選ぶことが重要です。
年月が経ってしまうと物の老化は避けられませんので、懐中時計でいうなら、歯車が傾いてきたり軸が摩耗してきたりする事もあれば、ゼンマイが歪んだり、穴石が割れるといったことも起こってきます。
アンティークの懐中時計の修理には、経年劣化による傷みを今ある部品で直すという事と、新しい部品をどこに用いるかを的確に見極める目が求められます。
そもそも懐中時計とは、一日に3分程度の遅れは当たり前とされる精度の時計と考えられてきましたが、正しく整備されてきたものであればそのようなことはありません。
遅れることがあれば整備不良が考えられますし、動かないときは修理の仕方が間違っているという事が考えられます。
優れた時計の修理を行う専門家たちの手にかかれば、古い時計に新しい部品を使いながら、作られた当時の動きが再現できるように直してもらう事が可能です。
これこそが優れた時計の修理人だけができるものであり、一言でいうならパーツや部品に詳しくない素人が簡単に修理を行えるものではないという事がいえます。
その為、懐中時計が壊れてしまったり不具合が生じてしまった時はプロの職人に依頼をすると、どんなに年月を経た懐中時計も生まれ変わってまた時を刻むことができるでしょう。

続きを読む

腕時計のお手入れは定期的に

腕時計を仕事をする上で大事なものです。
普段から使用するものです。
そのため、大切に扱っていくことが大事です。
長く使用しているとお手入れの必要性が出てきます。
これができていないと、カビの原因になります。
そのため、材質にあった方法でメンテナンスを行っていくことが大事です。
例えばバンドです。
革と金属では扱い方が違います。
そのため、インターネットで情報を収集したり、買った店の店員に聞いたりしましょう。
また、定期的の検査を行うことも大事です。
長年使いたいのであれば、気にかけることです。
人も栄養を取ります。
身体に気を使います。
それと同じようにものにも同じように気遣いをかけることが大事です。
そうすることによって、長く使用することができます。
手入れ方法がわかれば、定期的に手入れをしたいと思ってきます。
きっかけがないと始めることができないのであれば、友人と一緒に時計について話し合っていくことです。
時計が好きな友人を見つけましょう。

続きを読む

腕時計のお手入れは自分でも可能です。

ずっと長らく付けていると、腕時計のベルトの部分や金属の部分が、だんだん汚れてきてしまうと思いますが、自分で簡単にお手入れをすれば、軽い傷みや汚れをキレイにすることができますので、是非やってみましょう。
例えばベルトの部分なのですが、こちらはどのようなタイプのベルトの素材なのかによって変わります。
本革や合皮、またはプラスチックなどのナイロン製など、オシャレな商品はたくさんありますので、素材に合った磨き方をした方が良いです。
ナイロン製になりますと、常温の水分を含ませた布やガーゼなどを使って、全体的に優しく汚れを拭き取るようにしています。
合皮や本革のベルトの腕時計の場合には、専用のクリームを使ってキレイに磨きあげたりしています。
肝心な時計の部分は、アクセサリーやメガネを拭く専用の布を使ってキレイに磨くようにしています。
毎日ではないのですが、なるべく定期的にお手入れをしていますので、お気に入りの腕時計は長持ちしていますよ。

続きを読む

高価な腕時計

腕時計が好きな人、集めるのが趣味な人は、高価な腕時計をたくさん持っているのではないでしょうか。
せっかくの高価なものですので、しっかりとしたお手入れをしてあげたいものです。
まず、名前が知れているほどのブランド品だったり、高価な時計の場合、必ず自己判断でお手入れをするのはやめましょう。
汗をふきとったりのちょっとしたお手入れなら良いのですが、重要な場合はたいてい各ブランドメーカー店にメンテナンスをしてくれる、プロの方がいます。
何年まで保障してくれるところも多いので、保証書を持っていけば安心ですし、プロの方によって直してもらうと、失敗して壊れることもありませんし、その後の寿命も長くなります。
また防水機能付きのものでも、水の中でざぶざぶ洗うようなやり方は避けましょう。
海などに行く場合は、出来ればはずしていくのがオススメですが、そうすると時間がわからなくなってしまうんですよね。
海に入ったあとは、真水で軽く洗うようにしましょう。

続きを読む

腕時計の扱い方

いつまでもお気に入りの腕時計を使用するためには、普段からのお手入れや、あとはちょっとしたことに気をつけておくだけで、だいぶ寿命が延びてくるんですね。
例えば、ほこりまみれの部屋や砂埃のひどいような部屋には置かないほうが良いでしょう。
ほこりや砂の細かい微粒子が時計の中に入り込んでしまっては大変です。
また、危険な薬品の近くに置くと、その液がはねる可能性のありますし、スプレーなどのそばにも置かないほうがよいでしょう。
場合によっては壊れてしまうかもしれません。
最近では防水機能が付いている時計が多いですね。
しかし、防水機能付きだからと言って、故意に水の中に落とすようなことは避けましょう。
また、濡れてしまったあとは、布などでしっかりと拭いてあげてください。
特に水以外のもので濡れてしまった場合などは、その後のお手入れの仕方でだいぶ寿命が変わってきます。
また、汗をかきやすい体質の場合は、合成皮革バンドなどにしておくと、汗に強いタイプですので安心です。

続きを読む